産み分けのための人工授精は可能!?人工授精と体外受精は違うの?

パーコール法という精子の精製方法を用いれば、女の子の産み分けができる可能性があります。しかしパーコール法を用いるには人工授精しか方法がありません。人工授精と体外受精の違いや、パーコール法を用いた人工授精は合法なのか解説しています。

 

人工授精と体外受精の違い

人工授精と体外受精は、どちらも不妊治療の一環として行われるので混同している人も少なくないのが現状のようですが、実際は内容も費用も大きく異なります。

 

不妊治療の順序としては、タイミング法、人工授精、体外受精の順で行われます。

 

人工授精は採取した精液を子宮に戻して受精させる

 

のに対し、

 

体外受精は卵子と精子の両方を採取し、精子と卵子を体外で受精さた後に子宮に戻します。

 

体外受精は卵子を採取しなければならないので、女性の身体的な負担は格段に増してしまいます。
また、一度に多くの卵子を育てて採取するので、連日の通院が必要にり、時間的な負担も大きくなります。

 

費用はどちらも保険が利かないので病院によって差はありますが、人工授精であれば1回1〜3万円程度、体外受精の場合は20〜50万円くらいします。

精子の精製方法で産み分けができる

精子の精製は、人工授精でも体外受精でも行われます。

 

精子の精製の仕方には以下のように種類があります。

  • スイムアップ法
  • 洗浄・濃縮法
  • パーコール法

の三種類が主にあり、その中の「パーコール法」が産み分けに有効だとされています。

パーコール法は女の子を希望する場合にのみ有効

パーコール法は、パーコール液という培養液と精子を遠心分離機にかけて精子を回収します。
すると、Y精子よりX精子の方が重いので、X精子の多くは底に集まります。
このX精子のみを使って卵子と受精させるので、女の子が産まれるのです。
但し、X精子にY精子が多少混ざってしまうこともあるようで、100%確実とは言えません。

 

逆に考えると男の子の産み分けにも有効だと感じますが、実際は、全てのX精子が底に集まるわけではありません。
X精子の約20%くらいはY精子と混ざって上の方に溜まると言われており、男の子の産み分けをするには不確実となってしまうのです。

人工授精による産み分けは倫理的な問題がある?

このように、パーコール法は有効と考える医師も多いので病院で取り入れられている方法なのですが、実は、科学的根拠は無いとされています。

 

科学的根拠が無いことに加え、安全性にも問題があることから1994〜2006年まで自粛するように言われてきたパーコール法も、現在は安全性に問題がないことが分かり、自粛が解禁されています。
しかし病院によっては、パーコール法は命の選択に当たるとして、倫理的な理由から取り入れていないところも多くあります。
どこでもパーコール法を行えるわけではないので、人工授精で産み分けをするのは現実的には容易ではないでしょう。

 

パーコール法を試したければ、事前に問い合わせてから行くようにしてくださいね。

【ピンクゼリー・産み分けゼリーを徹底的に比較しました】

ピンクゼリーの他にも通販できる産み分けゼリーがあります。
実際にどれが良いのか、わたしたち夫婦が選ぶために、「価格」「安全性」「使いやすさ」など細かい項目ごとに、徹底的に比較しました。

産み分けで女の子が欲しいご夫婦のお役に立てればと思い、このサイトで公開していますのでぜひご覧下さい。
→「ピンクゼリー」「産み分けゼリー」徹底比較!